人生で本当に出会ってよかった節約術ベスト6!!<後編>

夫です!

前回の記事でベスト6から4までを紹介していましたが、今回はベスト3です!

人生で本当に出会ってよかった節約術ベスト6!!<前編>
夫です! 節約、ケチが趣味な私が、今までで本当に出会ったよかったもの、知ってよかった節約できるサービス、ものを紹介したいと思います!ベ…

これまたお約束の文句ですが、あくまで私の主観で勝手に決めたものなので、あしからずです!

他にもいいものがあれば教えて欲しい!というのもあるので、もしよろしければ教えてくださいm(__)m

スポンサーリンク

3位 MVNO

我が家はイオンモバイル の「シェア音声プラン」!
夫です! まずは我が家の通信費(特にスマホ)についてご紹介したいと思います。 3大キャリアを卒業し、MVNOに変えてから4年程経…
イオンモバイルの「シェア音声プラン」について注意点だけをまとめてみた
夫です! 以前こちらの記事でイオンモバイルの「シェア音声プラン」のイイところは紹介しました! なので今回はあえて注意点だ…

上二つの記事でも紹介していますが、我が家ではもはやメインでMVNOを使っており、三大キャリアの回線はありません。妻は結構最近ですが、私は3~4年前からずっとMVNOで、現在はイオンモバイルですがこれで3社目です。

iPhone 4Sの発売と同時のスマホデビューでしたので、それが2011年と考えると、恐らくMVNOでスマホを使っている期間の方が長くなってきました。でも、不憫になった思うことはほとんど思いつきません。

金額的な話をしますと、前はauでスマホを契約していましたが、どんなに頑張ってオプションを削っても月に\5,000ちょっとはかかっていました。一人でですよ!

それが今や二人で月\3,000もかかっていません!月\7,000は節約出来る計算になります。

月\7,000だと年間で\84,000…。これだけあればアジア圏内であれば海外旅行も行けますよね!

まだMVNOでない方は難しいことは考えずとにかく契約するだけで、スマホ代は半額以下になるでしょう!

私のオススメはイオンモバイルです。理由は店頭で契約でき、取り扱う店舗も全国各地にあるからです。(店が全国にあるという意味ではUQ mobileもあります!でも私の使い方では最安にはならないのでイオンモバイル推しです。)

難しいことは考えず、とにかく店頭に行けば間違いないでしょう!

2位 LCC

今までこのブログでは記事にしたことはないですが、いつかまた詳しく紹介したいと思います。

プロフィールにもあるように、旅行は夫婦二人とも大好きです!年に数回は必ず行きます。

でも旅行って勿論お金が結構かかりますよね。毎日するものではないにしろ、一回の額が大きい…

お金が一番かかるのは宿代、食事代、交通費ですが、この中の交通費を劇的に安く出来るのが、LCCです。同じ行先に行くとなった場合、かねがね大手航空会社の半額以下で移動することができますし、現実的な移動手段としてはどの手段より最安となる場合が多いです。

更にセール期間であれば、諸税を合わせても大手航空会社5分の1とか、そんなレベルで購入できる場合もあります。

ただし、デメリットとしては以下のことがあります。

  • 一番安いプランで予約した場合、変更、キャンセル等の手数料がかなり高い。
  • インターネットでの予約が基本(電話は結構繋がらない。。)
  • 本数が少ない(時間が制限される)
  • 路線が少ない(行先が少ない)
  • ターミナルが空港内の中でも遠い
  • シートが若干狭い
  • 機内サービスがない(飲み物など有料)
  • 受託手荷物が有料
  • マイル等は貯まらない

等々があります。逆にこれが苦にならない人にとっては最高の手段になるでしょう!私たちにとっては、どれも苦になりませんし、最近の旅行先はLCCで安くチケットが取れるところで決めています。

1位 ふるさと納税

栄えある1位はふるさと納税です!サラリーマンならマストに、必須で、絶対にやるべきことです!

昔は寄付できる金額も少なく、恩恵も少なかったり、確定申告も必要で結構な手間がありましたが、2015年からは「ワンストップ特例制度」が始まり、確定申告も不要で寄付金額も倍になりました。私もこの年からふるさと納税を始めました。

このふるさと納税の概要ですが、総務省のHPによると以下の説明になります。

ふるさと納税とは、自分の選んだ自治体に寄附(ふるさと納税)を行った場合に、寄附額のうち2,000円を越える部分について、所得税と住民税から原則として全額が控除される制度です(一定の上限はあります。)。
例えば、年収700万円の給与所得者の方で扶養家族が配偶者のみの場合、30,000円のふるさと納税を行うと、2,000円を超える部分である28,000円(30,000円-2,000円)が所得税と住民税から控除されます。
また、自分の生まれ故郷だけでなく、お世話になった自治体や応援したい自治体等、どの自治体でもふるさと納税の対象になります。

要するに寄付した額に応じて、各自治体からお礼の品が貰え、寄付したお金は次の年に税金から控除される。(上限は自分の所得によって違い、\2,000の負担は必ず有る。)というものです。

もっと平たく言えば、\2,000で色々貰える!ということです!

私は今までに\2,000の負担で、タブレットPCを貰ったり、Peachのポイントギフトを貰って旅行にも行きました。今年はこちらの記事でも紹介しましたが、豚肉を4Kgも貰いました!まだ食べきれていません(笑)

今年一発目のふるさと納税で頼んだ宮崎県都城市「Mの国黒豚切り落とし4kgセット」が届いた!
夫です!今回は日記みたいな感じです。 ふるさと納税を私が知ってから、多分3年目ですが、今まで食べ物系には手を出していませんでし…

ただ、一旦寄付をすると控除されるのは翌年になります。なので、目に見えてお金が返って来るとわかるのは大分と先にはなります。私は気になる性格なので納税通知書で一応確認していますが、きっちりと控除額が摘要の欄に記載がありました。

ネットで簡単に申し込みでき、リスクもなしですし、逆に誇らしくも感じます(笑)それなのに年間数万円分も節約できる術はないと思います!文句なしの1位です!やってない人には手放しでオススメです!

さいごに

私が一番節約で醍醐味を感じるところは、少しの知恵で、同じ商品を買っても、同じサービスを受けても、安い金額とすることができたときの、何とも言えない満足感です。更にこの満足感が同じ商品でも見るたびに嬉しいし、同じ食べ物でもいつもより美味しく感じさせてくれます。逆の時は苦しくて泣きそうになりますが(笑)

趣味が節約!の私としては、もっともっと色々な節約術に出会いたいものです!これからもしっかりとアンテナを張って見つけていきます。そしていいものがあれば紹介していきたいと思まいます!

スポンサーリンク

シェアする

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ
スポンサーリンク