ヘアカット代で美容師を無言にさせた日

妻です♪

ヘアカット代って高いですよね。

独身の時はたまにちゃんとした美容室へ行くこともありました。

それでも半年に一回カットに行くか行かないか…

まだまだ男性の目も気になる独身時代でそれなのですから、結婚したとなるとね…

髪もロングですから、裾をちょっと切るぐらいに何千円も払う気が起こらなくて。

いつも近所の1500円でカットしてくれる所にホットペッパービューティーポイントでさらにお安く(下手したら500円!)のお値段で切ってもらってます。

1000円カットのQBハウスに行ってみたいのですが、さすがに夫(夫はQBユーザー)に止められてまだ未体験です。

そんな私が街を歩いていた時、ちょっとチャラい風のお兄さんに声をかけられました。

ん?勧誘?ホスト?

「すごく素敵だったんで声かけました!」

ナンパ?!

なんて思ったら、違いました…恥

「良かったら髪切りませんか?僕、そこの美容室で美容師やってます!カットモデルやりませんか?」

ほう。実はちょっとそろそろ髪を切りたいと思っていたところ。

しかもちょうどその日は一人で時間も全然余裕がある!

微妙に歩いて行こうとしながらも、さっきよりちゃんとお兄さんとお店の方をチェック。

まぁ危ない感じでは無さそう。

カットモデルってタダだろうか…

「たしかにそろそろ髪をどうにかしたいとは思ってたんですけどね…」

「カラーも伸びてますもんね!せっかく顔いいのに!(←商売文句です)」

カットモデルをしたことのある友人が無料だったと言ってたことを思い出して、渋々立ち止まって少し話を聞いてみることに。

とりあえず迷っている感じでお店の方に誘われながら、

「いくらぐらいするんですか?」

と聞いてみると…

「そう!カットとカラーにトリートメントも付けて1万ちょうどでやらせてもらおうかと思ってまして!……無料だと思ってました?」

思ってました。

「そうですか…いつもすごく安い所でやってもらってるので」

と来た道に戻ろうとする私。

あわわとお兄さんが追いかけてきて、

「じゃあいくらだったらやりますか?」

と焦った感じで聞いてくる。

私「いや、本当にいつもビックリするぐらい安い所で切ってるので。」

お兄さん「いくらですか!」

私「…」

諦めるつもりの無さそうなお兄さん。話を聞いてしまった私も申し訳ない。ここは正直に言うしかない。

私「1500円です。」

お兄さん「!?………」

お兄さんが声を無くして、呆気に取られて固まっている内に私は「お役に立てずすみませんでした。」と謝り、その場を立ち去りました。

うまい話ほどうまくないものはない

いや、一般の人にとっては「それお得!」なんだろうか?

分からないですけど、私にとってはうまくない話。

とにかくケチという武器の一撃で勧誘から逃げることが出来た日でした♪

みなさんもしつこい勧誘に困った際には一度試してみてください♪

その後、ついに美容室には行かず夫に髪を切ってもらう日が来るとは♪

その話はまたいつか♪

スポンサーリンク

シェアする

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ
スポンサーリンク