潔癖症を克服したいと思っていてもやっぱり触れないもの

妻です♪

実は私、潔癖症です。

ズボラなのに潔癖症?!って感じですよね。

どっちも混在した面倒くさいタイプです。

年々酷くなってきた気がします。

結婚してから一層…

両親も少しその気があって、取り箸でしか鍋はつつけない、家族であっても一度誰かが口をつけたものは絶対に食べれないという環境で育ちました。

なので、私も子どもの頃から回し食べや、友達と味見交換なんてもってのほかでした。

いったいどこからが潔癖症なのか分かりませんが、潔癖症診断などを見るとほぼ当てはまります。

最近、話題になった「潔癖症かすぐに分かる画像」で、ドーナツか菓子パンが梱包袋の上に置かれている写真がありましたが、それを見て顔が歪みましたね。「どうしてそこに置いた…もう食べられない」ってね。無理なやつです。

一瞬、画像のために再現しようかとも思いましたが、そこに置いたらもう食べられなくなる!捨てることになる!と思ったケチケチ心が勝って、再現不可でした(笑)

最近、潔癖症をテーマにした漫画なども増えましたね。

潔癖症じゃない人からしたら、神経質で面倒くさくて嫌な人間だと思うので、ポジティブに潔癖症が描かれているものを見るとホッとします。

私も潔癖症じゃなかったらどんなにいいだろうと思って生きています。

潔癖症ってどんなことが苦手なのか興味がある方も、共感する方もいると思うので、今から私が苦手なものや触りたくないもの、顔を歪めてしまうようなことを挙げていきたいと思います。

潔癖症の方やお食事中の方はご注意ください。

  • 濡れたドアノブ
  • 洗い残しのある食器
  • 排水溝
  • 謎のヌメリ
  • 靴に雨水が入る
  • お金、現金
  • 落ちている髪の毛
  • ペットボトルや缶ジュースの回し飲み
  • 誰かが使ったフォークや箸、食器類(洗っていても不安)
  • 定食屋やラーメン屋で割り箸などむき出しで刺していてみんなが触れて、底に埃が溜まっているかもしれない箸立て
  • 素手で食べること
  • ストロー
  • 海やプール
  • プールの更衣室や温泉の床
  • 公衆トイレ
  • 不特定多数が使用する固形石鹸
  • ハンドドライヤー、ジェットタオルで乾かし中に少しでも触れること、髪の毛などが落ちているとき
  • 誰かが履いたスリッパや靴
  • 外出した服で家のソファーやベッドに座る
  • 落としたものをそのまま元に戻す行為
  • バッグなどを地面や公共の床に置く行為(靴底以外、床につくのは無理です)
  • 1回使ったぞうきん
  • 素手で掃除

書いていて気分が悪くなってきたので、今回はこれぐらいにしておきます。蕁麻疹が出そうです。

電車のつり革や手すり、ドアノブは潔癖症の人が苦手なものでも有名ですよね。潔癖症あるあるです。

その中でも、謎の水がついて濡れていたり、ヌルッとしていたらもう最悪です。

そんなものを触ってしまったら、その手はもう終わったも同然で、手を洗うまでは使えません。

手をよく洗うのはもはや通常運転ですが、外出すると公衆トイレを利用しなくてはいけませんよね。最近はありがたいことに綺麗なトイレも増えました。なんとしてもそういったトイレスポットまでは我慢するようにしています。

ここからは何様の上から目線と思われてしまうかもしれませんが、潔癖症だとどうやってもその気持ちを持たないということが出来ないんです。

まずトイレの何が怖いって便座やウォシュレット、床などについてはもう語らなくてもですが、洗面台も怖くて絶対に触れないように気をつけます。

手を洗う間、そこに鞄を置いたり、メイク道具を置いたりする女性がよくいますが、私には信じられないです。

普段から地面や床に鞄を躊躇なく置ける人なら大丈夫なのかもしれませんね。

そう考えると鞄が汚くなるという気持ちから、置かれた洗面台が汚くなるという気持ちに変わってきました。

まさかのトイレの床に鞄や荷物置く人を見た時は、もう世界の終わりみたいな顔をしていたと思います。

家に帰ってからあれをどこに置くんだろう…もし友達だったら、家に遊びに来た時に机や椅子に置くのかな…(意識が遠のき気絶寸前)

あと、設置されている石鹸もあまり信用できないです。

ポンプ式のタイプは中身が見えないと不安になりますし、プッシュボタンも押すのが嫌です。

手をかざすとソープも水も自動で出てくるタイプのものが一番好きです。

最近はアルコール消毒を置いてあるところが多いので、ハンドソープで手を洗って、アルコール消毒液を手に行き渡らせてからもう一度水で手を洗うのが一番ホッとします。

昔ながらの小学校にありそうな、みかん網に固形石鹸を入れたようなものは残念ながら使うことが出来ないです。

誰が使ったか分からない、網の間に雑菌が溜まっていそう、除菌石鹸ではない、ヌルヌルする。

どう考えても無理ですね。

昔の人の素晴らしい知恵なんだろうなとは思いますが、潔癖症には厳しいです。

水回りやトイレは本当に苦手で、漫画やアニメなど絵で見るだけでも気分が悪くなるんです。

トイレ洗浄系のCMも見たくないので目をつぶります。

もうトイレの話はよしましょう。

ちなみに私は除菌シートと使い捨てビニール手袋をいつも常備しています。

これがバレたら潔癖症扱い間違いなしですね。

漫画などで潔癖症な主人公がものすごく神経質に掃除をするというのをよく見るのですが、それは綺麗好きでは?と思うんですよね。潔癖症の種類やタイプにもよりますが、酷い潔癖症だと汚いことが大嫌いで、出来るだけ見たくないので掃除は嫌いなはずです。

やりたくないけど、汚いのも辛いしと戦いの日々です。

なので公共の場まで掃除をしてしまう漫画の潔癖症主人公というのは、私には理解出来ないです。

でもそんな人間の方がみんなの役に立っている分、潔癖症でも良いところがあるのでそうなれればなと思ったりもしますが。

潔癖症はそうではない人にはなかなか理解してもらえなくて白い目で見られることもあります。

生活はしにくいですし、障害物が多いですし、エコじゃないですし、面倒なことがたくさんありますし、少しの汚いと感じる気持ちで常々ストレスを感じたり、交友関係に支障があったりと生きにくくて、正直いいとこ無しです。

他人を汚いと思っているわけではなくて、一種の病気、強迫観念でしょうかね。

私は重度の潔癖症なんでしょうか…

もっと症状の酷い人もいるので中ぐらいのレベルかと思っていますが。

自分では分からないですね…

食べることが好きなので、バイキングや回転寿司は心を無にすればなんとか大丈夫ですし、好きなことに対してはある程度割り切ることも出来ます。

そのおかげで結婚が出来たのかなとも思います。

出来るだけ人に迷惑がかからないように、他人に不快感を与えないように家族以外といるときには色々と我慢出来そうなことはするようにしているつもりです。正直に言うと精神的に拷問な時もありますが。

克服できるものならしたいと強く思っているんですが、なかなか厳しいです。

治るなら催眠術でもかけてもらいたいぐらいです。

醒めた瞬間、もしそれまでのことを覚えていたらストレスで死にそうな気もしますが…

スポンサーリンク

シェアする

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦へ
スポンサーリンク